BLOG

ランニング、ジョギングで肩が凝ってしまうのはなぜ?

2018/11/29

おはようございますキラキラ

 

いつも当店のブログをご覧いただき、

ありがとうございますキラキラ

整体サロン

ArtBody学芸大学店ですウインク

 

 

はじめましての方はこちら

 

本日は、ランニング、ジョギングについて

お話ししたいと思います!

 

みなさんは、

ランニング

ジョギング

をしていて

肩が凝ってしまったガーン

という経験はありませんか?

 

中には、凝っていても

自覚症状がない方も

いらっしゃいます。

 

なぜ、

走っていて肩が凝ってしまうのか。。。

 

走る時、

腕をしっかり強く振ろうと

意識している方も

多いかと思います。

 

実は、しっかり強く振ってしまうと

アウターマッスルの

三角筋

僧帽筋

を優位に使いすぎてしまうのですえーん

 

※赤マーカー部分の筋肉

 

補足ですが、

腕を横に振ってしまっても

左右に軸がブレてしまうので

体が疲労しやすくなります。

 

三角筋、僧帽筋

などのアウターマッスルを

使いすぎてしまうと、

肩が上がりやすくなります。

肩が上がってしまうと、

写真にあるような筋肉が

緊張してしまうのですガーン

 

そして、肩こりにとっても影響のある

前鋸筋

という筋肉も固めてしまいます。

 

この筋肉は、ご存知ない方が

多いかもしれませんが、

インナーマッスルの一つです。

 

硬くなると、

呼吸も浅くしてしまうため、

疲れやすくなります。

 

走るときのポイントとしては、

 

画像のように、走る時に

骨盤の位置が上下してしまうと

体の軸がブレてしまい

肩にも力が入りやすく

疲れやすいですショボーン

 

この画像のように

骨盤の位置を一定に

することを意識します。

また、

肘も腰の位置辺りで一定にして

振り子のように、

肩の力を抜いて走ると

リラックスできますウインク

 

ランニング、ジョギングの時に

肩が凝ってしまうと

お悩みの方へ

この情報がお役に立てれば嬉しいですニコニコ

 

整体サロンArt Bodyの施術では

骨盤周りはもちろんのこと

肩こりに関連する

原因の筋肉をしっかりと

アプローチしておりますので

お気軽にお問い合わせくださいニコニコキラキラ