BLOG

トレーニングは質が大事なんです

2018/12/03

みなさんこんばんはルンルン

骨盤ストレッチサロンArtBody学芸大学店です

 

初めましての方はこちら

 

 

今日は普段皆さんがやられるトレーニングの質についてお話をしたいと思います。

 

 

一般的に

 

『トレーニング直後は、疲れて動きが悪くなるもの。』

 

 

僕もこの仕事に就くまでは当たり前と思っていましたが、

アウターマッスルとインナーマッスルの正しい使い方を

知ってから考え方が180度変わりました。

 

 

実は本当に上手く身体を鍛えることができると、トレーニング直後の身体は軽くなり、よく身体が動くのです!

 

 

鍛え方がアウターマッスル優位になってしますと、トレーニング直後の身体が重くなり、動かしづらくなるのですガーン

 

 

身体が動かしづらくなるのには原因があります。

 

 

 

それは、部分的な筋収縮を強調した筋肉の鍛え方を

するためです。    

 

 

例えば、アームカールのような鍛え方です。

 

 

*アームカール=ダンベルなどを用いて、上腕二頭筋の部分的な筋収縮を促す鍛え方。

 

 

部分的な筋収縮を強調した鍛え方を継続すると、間違いなく身体は壊れやすく怪我をしやすい身体になってしましますえーん

 

 

 

なぜなら、筋肉の部分的な活動が癖付き、負荷が単一のポイントに集中しやすくなるためです。

 

 

例えるなら、10人で担いでいた神輿を、いきなり1人で担がされるようなイメージです笑い泣き

 

 

しかし、全身の筋連鎖を利用しつつ、部分を鍛えることができると、アームカールも有効なトレーニングに成り得ます爆  笑

 

 

アームカールにおいては、

肩が挙がらないように脇を締めながら実施すると、

 

脇下のインナーマッスルである前鋸筋と外腹斜筋の筋連鎖が働き、上腕二頭筋の筋収縮を促すことになり、

 

かなり楽にダンベルを持ち上げやすくなります。

 

 

ジムに通っている方は是非一度試してみてくださいね♪

 

 

骨盤ストレッチサロンArtBody学芸大学店

 

営業時間:11:00-21:00(最終受付20:00)

WEB予約はこちらから

TEL:03-6303-3974