BLOG

ファーストフードと認知症

2019/08/06

みなさんこんにちはウインク

骨盤ストレッチサロンArtBody学芸大学店ですバレエキラキラ

 

 

初めましての方はこちら

 

 

ファストフードは身体に悪い

太る、栄養バランスが悪い、依存性が高い等

みなさんよくわかっていると思います注意

 

これらの情報には正誤ありますが

それは受け取った情報を自分に落とし込んで

それぞれに適応してくださいねニコニコ

 

例えば、バーガーとポテトとコーラ

これを1日3食食べ続けたら…

太りそうと思いませんか?

 

だけど実は痩せるんですハッ

海外では既にそんな研究もされていますウインク

 

 

今日はその研究から最近

認知症との関係も見えてきたのでその

お話しをしますねハンバーガー

 

 

 

国によって違いはあるでしょうが

50年前と比べて1日の摂取カロリーが650キロカロリー増えたそうですガーン

生活習慣病の代表格でもある糖尿病患者も増え続けています

 

この糖尿病の増加、進行に伴って

脳にも良くない影響があることがはっきりしてきました注意

 

研究結果によると、

ファストフードのような脂肪や糖分の多い食事は

認知症へのきっかけの一つになるとしています

 

東洋医学では認知症は

脳が炎症を起こしているから表に症状として

出ると考えられています

 

なのでファストフードを食べ過ぎることで起こる

酸化ストレスや炎症などのカラダの変化、血管や神経への

ダメージが進行してしまうんですえーん

 

 

カラダを変えるにはまずは食事から

運動、食事、睡眠

まずはこのライフスタイルのバランスが

摂れていないと

調整や施術は効果をもたらしません!

 

今一度改めてみてくださいね筋肉

 

 

骨盤ストレッチサロンArtBody学芸大学店

 

WEB予約はこちら

PC https://artbody.net/

スマホ 03-6303-3974

新幹線前 東急東横線 学芸大学駅 徒歩2分

時計11:00~20:00(最終受付)