BLOG

反り腰の原因は○○筋が弱いから?

2019/08/09

こんにちは太陽

いつも当店のブログをご覧いただき、

ありがとうございますニコニコ

 

骨盤ストレッチサロンArtBody学芸大学店の田中です星

 

はじめましての方はこちら

 

 

 

今日は、

女性に多い反り腰について、、、

 

当店にご来店される方も

腰が反ってしまっている方が

とても多いなあという印象から

 

反り腰になることで、

負担がかかる場所や改善方法などを

お伝えしていきたいと思います!

 

 

画像のように腰が反っていると、

腰 部分が辛いだけでなく

足が疲れやすい。

太ももの前が張る。

背中が緊張する。

お尻が出っ張って見える。

など、

 

普段の生活から不調を感じたり、

体型が崩れてきたりと

外見にも悪影響がありますショック

 

ではなぜ、

腰が反ってしまうのかというと

 

横隔膜が硬く動いていない

大腰筋が弱くなっている

腹横筋が弱くなっている

 

他にも原因はありますが、

今回はこの3つに絞って

お話ししていきたいと思います。

 

<横隔膜>

横隔膜は

「呼吸をするときに使う筋肉」

として知られていますが、

 

それにプラスして

身体を支えている

インナーマッスルでもあります。

 

横隔膜が硬くなると、

「呼吸が浅くなる」は有名な話ですが、

繋がりのある大腰筋も

連動して硬くなってしまうんですアセアセ

 

ちなみに、補足ですがしゃっくりは

横隔膜の痙攣

なんですびっくり

胃が横隔膜を急に圧迫してしまい

横隔膜がびっくりして起こるものです!

 

 

<大腰筋>

大腰筋は、上半身と下半身を繋いでいる

唯一の筋肉です。

骨盤、姿勢を安定させる

股関節の安定性を保つ

脚を動かすときに使う

 

この筋肉もインナーマッスルで、

カラダの要となるくらい、

とっても大切な筋肉です!

 

大腰筋について、

いくつか記事があるので

もっと知りたい方は

こちらもご覧ください下差しキラキラ

大腰筋を1日10回使って動きやすい足に!

鼠蹊部(そけいぶ)の筋肉がうまく使えない。。。

 

 

<腹横筋>

腹横筋はお腹の1番深層部にある筋肉であり、

 

腹腔内圧を高める使用があります

※お腹の中にある内臓が収まる空間内の圧力のこと。

また、

腰椎の安定性や

内臓の位置を保ったりしています。

 

横隔膜と拮抗的に働いていて

お腹をへこませながら

息を吐くときに一番使われる筋肉ですグッ

 

これらの筋肉が使われなくなると

弱くなったり、固まってしまいます。

 

身体を支えられなくなり、

腰の反りが強くなりますガーン

 

 

身体のラインが真っすぐな姿勢を

目指していきましょう!

 

姿勢のラインは、

鏡の前に立ってラインをチェックするか、

 

壁に背中をつけてチェックする方法が

おすすめですウインク

チェックポイントは、

後頭部

肩甲骨

お尻

かかと

が壁にきちんとついているか

見てみてください。

腰は手が入るくらいの隙間があればOKOK

 

反り腰になってしまう原因や

原因の筋肉を今回お話を

させていただきました!

 

次回、お家でできる

セルフケア、セルフトレーニングを

紹介していきたいと思いますウインクキラキラ

 

それでは、しばしお待ちください〜バイバイ

 

 

骨盤ストレッチサロンArtBody学芸大学店

WEB予約はこちら

スマホ03-6303-3974

PChttps://artbody.net/

新幹線前東急東横線 学芸大学駅 徒歩2分

時計11:00~20:00(最終受付)