BLOG

肩こりが起きる本当の理由ご存知ですか?

2019/09/04

こんにちは太陽

いつも当店のブログをご覧いただき、

ありがとうございますニコニコ

 

骨盤ストレッチサロンArtBody学芸大学店です星

 

はじめましての方はこちら

 

 

 

ひどい肩こりでマッサージや鍼をしても

なかなか改善がみられないとお悩みの方、

 

脇にある

『前鋸筋』

という筋肉をご存知ですか?

 

肩こりの方で多いのが、

無意識に肩に力が入っていることです!

 

この状態が長時間続くと

肩と背中、そして脇(前鋸筋)の

筋肉が硬くなり、肩こりになりますえーん

 

マッサージや鍼では肩をあげる(すくめる)

働きをする肩や背中の筋肉へ

アプローチをすることが多いです。

 

一時的に改善はするけれども

その効果が継続しないのは

肩甲骨の動きへのアプローチを

していないからなんですガーン

 

肩甲骨の動きをよくするには、

肩(肩甲骨の上)

背中(肩甲骨の内側)に加えて

脇(肩甲骨の外側)の筋肉の

緊張を取ることが大切ですウインク

 

 

肩甲骨の動きがよくなると

肩甲骨の位置も安定し、

肩こり改善へと繋がっていきますグー

 

さらに前鋸筋の動きがよくなることにより、

呼吸をしたときに肋骨が広がりやすくなり

深い呼吸がしやすくなります照れキラキラ

 

そして腹斜筋との連動性もよくなり、

体幹の筋肉の動作にもいい影響が出てきますウインク

 

前鋸筋の働きがよくなるとこで、

肩こりだけでなく、

カラダ全体の動きが改善されてくれるのです!

 

前鋸筋がどういうときに働くのかというと、、、

 

ダイヤオレンジ肩甲骨を前に引く動作、

腕を前に突き出す動作

ボクシングのパンチは、

前鋸筋がよく使われますボクシング

 

ダイヤオレンジ肩甲骨の上方回旋

腕を横から上へ挙げるときに働きますグッ

 

ダイヤオレンジ肋骨の挙上

呼吸をすると肩甲骨を外側に動かし、

肋骨を広げますグッ

 

ボクシングの動作以外では、

意外と日常的にある動作なのですが、

インナーマッスルなので

使われていない方がほとんどですえーん

 

前鋸筋が使われていないと

アウターマッスルである

三角筋や僧帽筋が

オーバーユースしてしまうため

肩こりになったり、

肩を痛めてしまう方が多いのですアセアセ

 

 

そこで前鋸筋を使ったセルフケアを

ご紹介していきます!

 

1肘を90度に曲げる

 

2曲げた肘を後ろへ突き出す

 

 

普段なかなか使わない筋肉なので

使っている感覚が最初のうちは

分かりづらいかもしれませんが、

 

それは、硬くなっている証拠!!

 

硬くなって感じづらくなっている筋肉に

毎日刺激を与えてあげることで

使う感覚を身体が覚えてきます!

 

そこまで頑張っていきましょう爆  笑グー

 

注意点としては注意

息を止めず、ゆっくりと呼吸をすることです。

自然呼吸でも大丈夫ですOK

 

肩に力が入らない意識も忘れずにウインクチョキ

 

前鋸筋を使って肩こり知らずになりましょうチューバイバイ

 

 

骨盤ストレッチサロンArtBody学芸大学店

WEB予約はこちら

スマホ03-6303-3974

PChttps://artbody.net/

新幹線前東急東横線 学芸大学駅 徒歩1分

時計11:00~20:00(最終受付)