BLOG

股関節の動きには、内ももをほぐす

2019/12/28

こんにちは太陽

いつも当店のブログをご覧いただき、

ありがとうございますニコニコ

 

骨盤ストレッチサロンArtBody学芸大学店です星

 

はじめましての方はこちら

 

もう12月も終わりに近づいてきて

やっと冬らしい気温になってきましたね雪の結晶

 

 

さて、

今日は股関節の動きに関わる筋肉について。

 

股関節に関わる筋肉はたくさんあるのですが、、

筋力が落ちやすい内転筋について

お話していきたいと思いますニコニコキラキラ

 

内転筋は1つの筋肉ではなく、

いくつかの筋肉が集まっていて

それを総称しています。

 

 

画像を見る通り、

内転筋群は骨盤(寛骨)と

繋がっていて、骨盤の動きに

関係していることがわかります。

 

また、

膝関節を覆っていて

膝を守ってくれる役割もしています。

 

 

内転筋群はインナーマッスルであり、

使われにくく、筋力が落ちやすいところですガーン

 

内転筋群が使われていないと、

体の重心が外にかかり

 

 

上の画像の青色部分が張ってしまいますアセアセ

 

青色部分の筋肉が張ってしまうと、

上三角O脚になる

上三角座っているとき、足が開いてしまう

上三角外側に重心がかかっている

上三角股関節の動きが悪くなる

上三角膝に負担がかかる

 

などなど、、

 

見た目では、太ももが大きく見えたり

運動するときに怪我しやすかったり

足が疲れやすかったり、、、

 

お身体への悪影響が大きくなりますえーん

 

 

そこで!

悪影響をなくすための

内転筋のセルフケア方法を

お伝えしますニコ

 

①右足は寝かせて、左足は立たせた

 状態で座ります。

 

②右肘を内ももの真ん中に当てて

 体重をかけながら押していきます。

 

注意腕や手の力だけで押してしまうと

 肩に力が入ってしまうので

 体重を乗せるように押すことが

 ポイントですOKキラキラ

 

早押しをするよりも

当てた箇所を何秒間かじっくり

押し当てた方が筋肉がほぐれやすいですウインク

 

内転筋群がほぐれると

繋がりのある大腰筋にも刺激が入り、

腰痛や股関節の動きに

いい影響があります爆  笑!

また、

太もも全体の張りが取れるので

たくさん歩きすぎたなど

疲労が溜まっている時にも

おすすめのセルフケアですよニコニコ

 

お試しください星

 

骨盤ストレッチサロンArtBody学芸大学店

ArtBodyのホームページはこちら

PCWEB予約はこちら

スマホ03-6303-3974

新幹線前東急東横線 学芸大学駅 徒歩1分

時計11:00~21:00(最終受付20:00)