キネシオテーピング療法について

キネシオテーピング療法は単なるテーピング技術ではなく、皮膚・筋肉・筋膜・リンパ等から、多角的に人体や障害を正しく見立てることができる技術です。

 

怪我や何かで伸びすぎてしまった筋肉や、収縮してしまった筋肉は、健康な筋肉の伸縮率を失っています。

それらをサポートするには、健康な筋肉と同じ伸縮率を持っているテープを開発する必要がありました。

そして、ノリの付いたテープを人肌にピッタリくっつけますので、皮膚への不快な影響も重要なテーマでした。機能だけではなく、人に優しくあるための研究開発は、2 年も続けられました。

 

そして、接着剤や通気性などの改良を重ね、ようやく人間の筋肉の伸縮率に近い、皮膚を約10ミクロン引き上げることのできるキネシオテックスが誕生しました。この様に、「キネシオテックス」はキネシオロジー(運動機能治療学)から生まれたテープなのです。

IMG_5161

肩コリ 腰痛 ひざ痛 様々な症状に対して、即効性があります

腰やひざの痛み、肩のこりなどの多くは筋肉の使い過ぎや姿勢の悪さなどが主な原因で、骨格バランスが崩れて、筋肉と骨の結合部分が引っ張られて、またそれに伴い体内循環が阻害されて痛むことが多いのです。

 

各部つながっている筋肉のバランス不良が痛みとなって表れるのです。関節のなどの痛みは骨に異常ない場合は筋肉の異常を疑い、それらを「正しい機能」に戻してあげるのが、とても重要なことと言えます。

 

このような場合にキネシオテーピングは最適です。

 

その他に坐骨神経痛や生理痛、むくみやこむら返り、スポーツ前後のケアなどにも適しております

カウンセリング

キネシオテーピング療法の効果

①痛み・こり・腫れや内出血の改善

キネシオテックスを貼ると、体内に隙間が出来てリンパ液の流れや血液の流れが良くなります。そのことにより、新陳代謝が良くなり、自然治癒力が高まります。貼っておくだけで、筋肉の痛みやこり、ケガや内出血を早く改善することが出来ます。 また疲労の回復も早くなり、疲れがなかなか取れないなという方、冷え性でお悩みの方などにも効果的です。

 

②痛みをやわらげる

筋肉はスポーツや仕事などによって、常に酷使され障害が発生しやすい箇所でもあります。 キネシオテックスを事前に貼っておくと、障害発生の予防に役立ち痛みを軽減出来ます。

 

③筋肉の疲労を早く回復します

スポーツや歩行、また日常の生活の中でも筋肉は連続して使われています。 キネシオテックスを事前・事後に貼ることで、疲労の蓄積を軽減したり、筋肉の円滑な動きをサポートします。

 

④リハビリ・機能回復効果があります

キネシオテックスには筋肉(皮膚)とほぼ同じ伸縮性がありますので、貼ったままで体を自然に動かすことが出来ます。 リハビリの際などに貼ると回復を早める効果があり、また キネシオテックスなら、貼っておくだけで効果の期待がもてます。

 

⑤関節の動きを良くする

筋肉(皮膚)の位置を調整することにより、関節の動きをサポートして改善することにも有効です。 関節の動きが改善することで日常の動作が楽になり、スムーズで快適な生活を送るお手伝いをします。

施術している

キネシオテーピングの歴史

1980年 キネシオテーピング法考案
「キネシオテックス」と命名 治療界を中心に普及が進み療法の一つとして注目を集める
1983年 キネシオロジー(運動機能学)の研究所及びクリニックである(株)健医会設立
1984年 キネシオテーピング法の普及を目的に全国キネシオテーピング協会設立
1985年 キネシオテックスの販売会社として(株)キネシオを設立
全国各地でセミナー講演会を開催
第1回キネシオテーピング臨床研究発表会開催
1986年 米国・ブラジル・韓国・台湾など海外でも注目を集め、シカゴ・サンディエゴ等でキネシオテーピングセミナーを開催
1988年 ソウルオリンピック日本女子バレーボールチームではキネシオテーピング法が正式に採用され、キネシオテーピングトレーナーが随行、大きな成果を上げた新応用クライオセラピー(冷却療法)考案
1990年 筋スラッキング(弛緩療法)考案
1991年 地方自治体、教育委員会が主催するキネシオテーピング法のセミナー講習会がスタート
1995年 「全米アスレチック・トレーナーズ協会(NATA)」に招かれ、プロ野球メジャーリーグ、プロ・フットボール等のプロトレーナーにキネシオテーピング法の実施指導
1996年 「全米プロ・アスレチック・トレーナーズ協会」総会で講演、メジャーリーグ7球団のスプリングキャンプでキネシオテーピング理論が認知された
1997年 現地法人キネシオU.S.A.設立
1998年 キネシオテックスカットタイプ発売 ブリスターパック各サイズを発売
1999年 第15回記念キネシオテーピング臨床研究発表会世界大会開催
オランダ・ドイツ・アメリカ・台湾・韓国より学術研究発表
2000年 年 米国老人保険にて取り扱い認定
韓国でキネシオテックスが医薬部外品として認定される
理学療法学会誌に取り扱われる
店外

キネシオテーピング療法はArtBody学芸大学店のみの療法になります

キネシオテーピング療法の貼り方は多様多種であり、様々な症例に対して

幅広い効果を持っています。

キネシオテーピング療法は、ArtBody系列店舗の中で骨盤ストレッチサロンArBody学芸大学店のみの手技になります。

ACCESSアクセス

学芸大学で整体を行う当サロンは駅チカの場所にあります

概要

店舗名

骨盤ストレッチサロンArt Body学芸大学店

運営会社

株式会社Art Creation

住所

東京都目黒区鷹番3-6-20三澤堂ビル2F

電話番号03-6303-397403-6303-3974
営業時間

平日・土日 AM11:00〜PM21:00

定休日

毎週水曜日

代表者

青島雄一

e-mail

info@artbody.net

アクセス

学芸大学で整体院を営んでいるArt Bodyは、最寄り駅から徒歩で約1分の場所にあり、お客様一人一人の症状改善の為に、日々誠心誠意努めさせて頂いています。アットホームな空間であり、特に女性のお客様から高い支持を頂いております。お身体のついて、悩み事がありましたら、まずはお気軽にお問い合わせください。

 

BLOGブログ

学芸大学で整体を行う当サロンのブログをご覧ください

学芸大学の当サロンの整体に関するブログです