腰部脊柱管狭窄症とストレッチの効果について

腰部脊柱管狭窄症とは

脊柱管を取り囲む組織の肥厚や構成する組織の変形により脊柱管が狭くなり、脊柱管の中を通っている神経が圧迫されている状態です。

●原因

椎間板ヘルニアやすべり症などもありますが、脊椎に加齢にともなう変化が加わることで起こることが多いです。

●症状

腰痛、腰のだるさ、太ももやふくらはぎ、足の裏などの下肢の痛み、感覚の異常やしびれがあります。下肢の症状は両側の場合や片側のみに症状が出ることもあります。
代表的な症状に間欠性跛行があります。歩き続けたり立ち続けたりしていると、下肢に痛みやしびれが出てひどいときは歩けなくなりますが、前かがみに座ったり、暫く休むと症状が改善して歩くことが出来ます。

腰を反らせると症状はひどくなり、前かがみになると症状が和らぎます。

〇治療

薬物療法、運動療法、コルセットで補強する装具療法、手術など

〇運動療法とストレッチについて

激しい腰痛がある時は、腰を動かさずに安静にしていることが原則ですが、動けるようになってきたら無理のない範囲で積極的に身体を動かして筋力、体力、柔軟性といった身体機能を高めることで、症状の改善を目指していきましょう。
まずは運動療法の中から、主に体の柔軟性を高めたり腰のゆがみを直す目的で行われるストレッチについてです。

ストレッチの主な効果で、腰周辺の筋肉の柔軟性を高めて筋肉のバランスを整えることにより、腰にかかる負担を和らげることが出来ます。

そして血流改善、背骨のカーブを正常に保つことで背骨にかかる衝撃を吸収・分散する働きを高めていきましょう。背中、腰周辺、お尻周辺、太ももをしっかりストレッチしていきます。

そしてトレーニングです。

腹筋と背筋やお尻の筋肉、そして腸腰筋などからだの中心に近い所の筋肉を鍛えることも必要です。骨を支える筋肉を鍛えることで痛みを軽くしていきましょう。ロコモストレッチでは、マンツーマンでトレーナーからストレッチを受けて頂き、必要な方には、トレーニングの提案にも力を入れています。そして、ご自宅での運動も大切なので、お一人でできる運動やストレッチの提案も行っています。ご来店頂いているお客様から、症状が和らいできていると感想も頂いております。悩まれている方は是非、一度ご来店ください。トレーナーと一緒に、身体作りに取り組んでいきましょう。